レッスンの神様「田原紘」の我が子を最速でシングルにするDVD 口コミと体験談

詳細はこちら>>クリック

     

貴方は、子供もしくは初心者がゴルフの上達するには

とにかくダンプ一台以上 ものボールを打たなくてはゴルフが上達できない、

と思い込んでいて毎日300球から500球のボール打ちなんてなんて、

時間も費用もないからもうこれ以上の上達は無理だ・・・と悩み

どうすれば、この深遠なゴルフの上達を達成すること、

指導することが自分には教えることはできないのか。

と諦めていませんか?

ちょっと待って!

18歳になるまでまったくゴルフクラブも握ったことのない

娘をたった一年半で片手シングル入りをさせることができた

シンプルかつ速攻で楽に上達することで定評のゴルフが上手になりたい

あなたがシングルになる日も、子供をシングルにすることも夢ではなくなる

レッスンの神様「田原紘」の我が子を最速でシングルにするDVDの口コミと体験談を

ご覧になって、ご購入の参考にしてください。

     

レッスンの神様「田原紘」の我が子を最速でシングルにするDVDの口コミ

     

レッスンの神様「田原紘」の我が子を最速でシングルにするDVDの体験談

自分でも信じられない距離と正確性がでてビックリしています。

私は今までここ数年間本当にテークバックに悩んでおりました。

先生がおっしゃるように、三角形を崩さずに、とか飛球線上の後方に上げろとか、

仲間には「なんでそんなにアウトに上げるんだ」とか、

もう頭の中が ぐちゃぐちゃになり、

ゴルフに興味がなくなりかけていました。

そんなときネットで先生のビデオを知り、すがる気持ちですぐに買いました。

なんといいますか、トンカチのようにクラブヘッドから先に上げる、

つまり左の小指を右足に落とす、ということを教わってから、

自分でも信じられない距離と正確性がでてビックリしています。

ティーショットでOBが出なくなったお陰で、

先日千葉のグリッサンドゴルフクラブで

なんと普通に100は叩いていた私ですが、10打も違い90で回ることができました。

本当にクラブを折ってすっぱり諦めようとしていたのに現金なもので、

すっかりゴルフが楽しくなりました。平伏してお礼申し上げます。

     

いかがですか?

まだまだ沢山のDVDの口コミと体験談がありますが、ここではこれ以上かけません。

ゴルフが上手くなるには、1日何百球を撃たなければ・・・

と考えている貴方!

心配はいりません!

このゴルフ上達法はボールをしこたま打たなくてはならない、

とか、練習場でドライバーをぶん回す、なんていう方法ではなく

誰にでも実行できる、非常に効率的でシンプルなゴルフ上達法なので

貴方も安心して実践する事ができ

そして安定してラウンドで100を切るようになれますよ。

気になりましたら、詳細はこちらよりご確認ください。

詳細はこちら>>クリック

レプロゴルファー 田原紘 プロフィール

ゴルフはクラブを上から下に振るだけなんですが、なかなか理解できない。

でも私のレッスンは飛ばすようになるのだけは自信があります。

「手は上から下」これだけのことを40年かけて理解しました。

背面打ちを覚えて初めて、昔の師匠が教えてくれた話がわかったぐらいです。

昭和17年、東京都生まれ。

立教大学卒業後、伊藤忠自動車に入社。

25歳で初めてクラブを握り、1年2ヶ月でシングル入り。

26歳で脱サラ、クラブを握って6年目、30歳でプロに合格。

主な戦績は。’79KBCオーガスタ2位。’96全豪シニアオープン優勝。

97年、欧州シニアツアーの出場資格を獲得、98年より2000年まで参戦。

99年東北プロシニアオープン優勝。

現在、群馬カントリークラブ、XXIOの契約プロとして活躍する一方、アマチュアの指導にも力を注ぎ、

’87ゴルフダイジェスト初代レッスン・オブ・ザ・イヤーを獲得。

その間、テレビゴルフ番組担当で数々の著名人を指導、(テレビ東京:「日陰温子のサンデーゴルフ」、「金井・田原の極意を盗め」他、

新聞ゴルフ連載、日刊ゲンダイ、スポーツニッポン、主婦の友社、ムック本、日本経済新聞社、ゴルフビデオ、

ゴルフ雑誌、(ゴルフダイジェスト、パーゴルフ、ワッグル、ゴルフトゥデイ、アルバ、ゴルフクラシック、チョイス、ゴルフ月刊誌、ゴルフ週刊誌、ゴルフ漫画の講師主人公等)、

テレビ東京、マスコミ出演数限りなしのゴルフレッスンの神様と称されるようになる。

2006年度より大連・長興ゴルフ倶楽部の副理事長に続いて、愛知県新城市パインフラットゴルフ倶楽部理事長に就任。

著書は『「絶対感覚」ゴルフ』をはじめ57冊、累計212万部を超える。

これはプロゴルファーとしての著作物刊行数ではギネス級。

そのゴルフレッスンは年月が経ってもまったく色あせることなく、2005年より著書(3冊)が、韓国語に翻訳され、強い韓国勢の基にもなっている。

詳細はこちら>>クリック